高卒認定受験情報センター  
 
 
国語 数学I 英語 現代社会 世界史 日本史 地理 生物 地学
 
 
 
 
☆内容について☆
 昨年までの大検から高校卒業程度認定試験にかわり、内容的には新課程の数学Tの出題となります。
 そのため昨年までの大検の数学Tの半分の問題は必要なくなると同時に、新しい内容が入ってきます。
  とはいっても、中学校から移ってきた内容なので構える必要はありません。
削除される内容は、集合、数えあげ、場合の数、確率といったところで、新しく増える内容は以下の内容となります。
 「式の展開」
 「因数分解」
 「実数(平方根の計算中心)」
 「不等式」
 「二次方程式の基礎」
 「図形の計量」
 以上の中のほとんどは旧課程での数学Tの問題を解く上でも必要になる計算が中心です。
 なお、数学他の科目と異なり、解答方法は択一式ではなく、答えとなる数字(又は符号)をマークするものです。
 たとえば計算結果が「25」となる場合には、「2」と「5」をそれぞれマークします。ですから、「適当にマークしたら、当たっていた!」ということは、まず期待できません。正しく答えが出せるようにしておく必要があります。
★学習のポイント  
『基本問題をしっかりやる!』
 
基本となる、分数の計算、平方根の計算、正負の計算、式の展開・因数分解などをしっかり進めて、公式を中心に覚えたら、該当箇所の過去問題をしっかり解いて見てください。

 

 
         
 
高卒認定(新大検)に関するご質問は、Eメールにてお問合せください。info@jet-aime.co.jp   
 
Copyright All Rights Reserved